就職氷河期

就職氷河期という言葉は、バブル期の終了とともに使われるようになりました。
バブル期には、就職難などということはなかったにもかかわらず、バブルが終わったとたんに、多くの企業が採用を控えるようになりました。
就職氷河期は、そこから生まれた言葉です。
平成の大不況とともに、就職氷河期は続きます。
とくに高校生や、女子大生の就職難は深刻で、有名4大を卒業していても就職ができないという事態にまで陥りました。
景気が少し回復しても、企業は即戦力を求める傾向にあります。
バブル期のように、新採用の社員に教育ができるだけの余裕がないのです。
そのため、新採用でもアルバイトなどを経験し、少しでも下地のできている人材を採用することが多いといえます。
就職の面接などでも、アルバイト経験の有無を尋ねられます。
就職難に陥らないためには、できるだけ多くのアルバイトを経験しておくのも、ひとつの方法です。
短期のアルバイトもあるので、そういったものを経験し、社会に触れておくことが、実際に社会に出てから役に立つこともあるのです。
職に就いたことのない人に、一から仕事を教えるのは企業に余裕がなければできないことです。
在学中に、社会に触れる経験をしておきましょう。

 

就職情報

就職情報は、求人情報誌やハローワーク、インターネットの求人サイトなどから入手できます。
こうしただれでもが見ることのできる就職情報を、公開求人といいます。
これに対して、特定の求人サイトや派遣会社などに登録しないと見ることのできない就職情報を非公開求人といいます。
就職情報が少ないといわれていますが、実はそうではありません。
少ないのはだれもが見られる就職情報で、実際の求人数はもっと多いといわれています。
企業が就職情報を公開にしないのは、いくつかの理由があります。
第一の理由は、優秀な人材を確保するためです。
どの企業も、即戦力になりうる優秀な人材を求めています。
就職情報を公開にしてしまうと、求職者が殺到し、それをふるいにかけていかなければならないからです。
求人を非公開にすることで、ある程度のスキルをもった人材を得ることができます。
それは派遣会社や求人サイトが、求職者のスキルをふるいにかけてくれるからです。
これによって企業は、優秀な人材を確保することができるといえるでしょう。
優秀な人材とは、学歴や職歴などは関係ありません。
その職種において、企業に有益な働きのできる人のことをいいます。
学歴が低いからといって卑下することはありません。

 

就職セミナー

就職にハッキリしたビジョンがない人は、就職セミナーに参加してみましょう。
就職セミナーでは、多くの職種の紹介があります。
そのなかに、学生が就職に対するビジョンが見えるものもあるのではないでしょうか。
医学部や薬学部の学生は、ある程度、進路が決まっています。
ところが学部によっては、就職に対するビジョンがもちにくいものがあります。
そんな人のために、就職セミナーがあります。
就職セミナーに参加することで、業種などのビジョンが見えてきます。
漠然とでも職種や方向性が決まれば、自分のやりたいことがわかってくるはずです。
就職セミナーでいろんな業種、職種に触れることで、今まで興味のなかった職種などにも、興味がわくかもしれません。
また、早くから就職セミナーに参加することで、就職活動に早く取り掛かれます。
早いからといって、いい職場が見つかるとは限りませんが、職種や業種、企業を検討する時間が生まれます。
よりよい職場を見つけるために、必要な時間です。
しっかり検討することで、自分がそこでどんな仕事ができそうか、長く勤められそうかがわかってきます。
検討する時間があまりないと、バタバタと就職を決めてしまうことになります。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1審査のゆるい消費者金融10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1審査のゆるい消費者金融10